teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:106/251 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

点を出させるのが私の仕事

 投稿者:吉井  投稿日:2008年11月 4日(火)12時44分8秒
  通報
  Mさん

涙が出るほど嬉しい私に対する励ましの言葉、心からありがとうございます。吉井は昔(学生時代)から格式にはとらわれず、自分が正しいと思うことを、たとえ周りの全員に反対されたとしても、やり通して来ました。研究にしろ、仕事にしろ、遊びにしろ、、、、。それは、自分を信じられる自信を持つための日々の努力に対して、自分自信に対してだけは昔も今もウソをついていないからです。これからも、それだけしかできない不器用な男ですが、Mさんのような励ましを、いつまでも頂けるような教育者(?)でありたいと思っています。私にとって、大きな家や社会的地位より、そんな受講生からの(しかも、皆さん
全員が各分野で日本をリードしていくだろう方々からの)励ましの言葉が、これまで地球をこの自分の足で実際歩いて来て、各地で様々な人々のと触れ合いや経験から得た思い出と共に、何よりの財産なのです。そんな財産では、誰にも引けを取らない奴でいたいと思っています。

さて、自分の抽象的な人生哲学はこのくらいにして、Mさん、目標点数が出て良かったですね。2回目の試験の後、落ち込んでいましたが、それからの奮起が功を奏しましたね。
“文法を取ります、、、”と言って気合を入れたのが良かったのでしょう。やはりSCでは、”何となく”ではなく、基礎をしっかり身に付けることが大切ですよね。

試験日にお子様が誕生し2重の喜びになり、これからMBAを得て益々大成し、3重、4重の喜びになることを祈っています。何も言わないで、じっと痛みをこらえていた奥様には頭が下がります。私も”基礎をしっかりやり、きちんと復習すれば点は出せる、、、”と言ったことに対してウソを付かなくて済んで良かったです。私にとって受講生に点を取らせるのが
仕事ですから、仕事が出来ないと嬉しくありません。

最後に教室を出る際に“先生、僕の背中に気合を入れて下さい!”と言って活を入れた時のMさんの(色は黒いけど)白い歯と笑顔が印象的です。まだ先の話ですが、お嬢様が英語を学ぶ歳までY.E.S.が存在していたら、その時は宜しくお願いします。

書き込み心からありがとうございました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:106/251 《前のページ | 次のページ》
/251