teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


納得することが大切

 投稿者:吉井  投稿日:2006年10月 6日(金)23時09分1秒
  Y.E.S.のホームページが契約上のトラブルで、この2~3日間使えなかったことで、このメールの返事が遅くなったことに対して、まずお詫びします。すみませんでした。ゆえに、今日になってしまいました。

Tさん、お忙しいなか、書き込みありがとうございました。700点はひとまず安心圏内ですね。どこでも狙えますね。でも、私はTさんなら、750点くらいは不可能な点ではないと思っています。
そのくらい取る必要があるかどうかは別にして、どうせやるならTさんなら其のくらい目指してもいいのではないでしょうか?ですので、エッセイが済んだらまたSCクラスに戻ってきてください。歓迎です。私もできるだけお手伝いさせていただきます。

Tさんの勉強方法で特に良いと
思った部分は(ほとんど全てよいから700点が出せたのですが)、”納得のいくまで何故まちがいなのかを自分に理解させる、、、”と言う部分です。中途半端な理解では良い点は望めません。練習しているときは小手先のテクニックに走るのではなく、納得のいくまで間違いが何故間違いなのかを理解することが大切なのです。それが吉井流のSC教授法で、Tさんがそれを理解し、実践し、結果を出してくれたことが、私は嬉しいです。
Tさん、また11月に待ってます。それまでエッセイ頑張って下さい。ありがとうございました。
 
 

御礼

 投稿者:H.H  投稿日:2006年10月 4日(水)03時16分22秒
  G.W.からGMAT・SCコースを受講していた者です。
昨年Verbalで苦しみ目標点がとれずにいたところ、友人から紹介されてY.E.S.の門をたたきました。その友人が言っていた「初めて英語の文法が楽しいと感じている」という言葉は本当でした。
授業で徹底して叩き込んで頂いた正解までのロジックが本当に信頼できたので、SCについてはOGを使用せずにクラスで使った問題を繰り返したのみで本番に挑みました。結果SCについては自信を持って回答することができ、悩んで時間をとられることがほとんどなかったため去年は25が最高だったVが34までアップしました。

最後に吉井先生には本当にお世話になりました。近い将来、希望する大学院への合格の報告をすることが最大の恩返しと信じてがんばります。
ありがとうございました。
 

ひとまず

 投稿者:  投稿日:2006年10月 2日(月)01時07分42秒
  昨年は何とかなるとタカをくくり、5回使い果たして目標点をとれずにおりましたが、今年は1stラウンドへの出願を目標に今年1回目の9月末のテストでなんとしてでも結果を出す必要がありました。6月までは別の会計系の試験勉強をしておりましたので、GMATは7月から集中して勉強し、9月末にのGMAT本番で無事700点を取ることが出来ました。GMATは、実力+/-100点ぐらいはブレるといわれておりましたので、一発勝負のテストで結果を出す確率を高める為には、どうしてもVを安定して高いレベルに持っていく必要があり、自分でも不安視していたSCはGMAT用の考え方を徹底的に叩き込むべく、7月末にYESの門を叩きました。吉井先生は噂にたがわぬプロフェッショナルでしたので、”吉井流”を吸収する為にどうすれば良いかをまず考えました。自分がとったのは、教材で正解を出すことに執着するのではなく、素直に「自分の今の知識ならば本番でもこういう考え方をする」というものを選び、練習では堂々と間違えるという方法です。自分にとっては、あえて間違えることで、自分の考え方と正解の論理のギャップを分析して、5つの選択肢×25問=125個のチョイス全てに納得することが重要だと考えたからです。復習は授業で配布されるハンドアウトと睨みあいながら、時には文法書を引っぱり出してきて、一問一問丁寧に考えて行きましたので随分時間がかかりましたが、これを一教材につき3回繰り返すと、8回ほどの授業を終えたあたりから、自分でもSCの理解が一気に深まり始めたと思います。一教材約25問の使い方は人それぞれあると思いますが、この25問でもSCについては非常に多くのことを学べるものだと実感しました。今回、無事頭書の目標には達しました。が、まだ”吉井流”の吸収には、納得が行かない部分がありますので、YESの授業を継続して受けて、年末までにV40を目指したいと思います。吉井先生、これからも宜しくお願い致します。  

(無題)

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 9月23日(土)18時45分29秒
  Vで40、トータル750点(しかも2回目で)は信じられない数字です。トップ3を目指してもおつりが来る点数です。Wさんは、これであとはエッセイに100%集中できますね。Wさん、早々とGMATが卒業できておめでとうございます。

Wさんが申し訳なさそうな顔で、皆さんの質問の後に質問していたのがとっても印象に残っています。私にとっては、もしくは、私のクラスでは、それは全然失礼なことではなく、むしろ、質問をする、質問が出来るということは、それだけ真剣に、受身ではなく能動的に取り組んでいる証拠ですので、どんなときでも、苦痛でも何でもありませんし、ありませんでした。それに、クラスでの質問は、クラス全体にプラスになりますので、教える側からすると、歓迎すべきことなんです。

Wさんは、ネイティブが間違う問題でも理論をしっかり学べれば、英語が苦手な我々日本人の方がより高い点を出せることを証明してくれました。感謝します。
OGを何十回やるより、正確な理論をきちんと学んだほうがはるかに早道なんです。そのことを、これからGMATを勉強しようとしている方に、Wさんのコメントを通して知っていただけたら幸いです。正解な理論を学びたいなら私のところに来てください。そして私の言う通りやって下さい。そしたら確実に点は上がります。Wさん、お忙しいのにコメントありがとうございました。
 

V40

 投稿者:Wa  投稿日:2006年 9月22日(金)00時00分24秒
  ある大手予備校でのVerbalコースを一通り終えたのですが、問題を解くスピード、正解の時の納得感が得られず、7月下旬からYESのGMAT SCに通いはじめました。吉井先生の講義を聴く度に文法の基礎がなってないことを痛感し、TOEFLのstructureで満点を取れない理由も分かりました。取り敢えずSCだけは理論をしっかり叩きこみ安定して8割を取れるようにしたい、CRとRCは問題を多くとくことで、速さと慣れを掴むということで7月下旬からはYESだけに予備校を絞り、後はいろいろな問題を自分で解き続けました。
8月中旬に受けた初GMATはVerbalが26でした。その後も自分の勉強方法を信じ、YESの8×2セットを終えて臨んだ2回目の9月下旬のGMATでVerbal40がでました。正直その頃はYESの宿題の25問は必ず時間内に終えるようにして4,5問間違えるという感じでしたが、本番は全てのSCの問題が簡単に感じました。簡単なので、逆に最初に間違えすぎているのではと怖くもなりました。
元々Mathは得意なので1回目2回目も51点でしたが、やはりこのVerbalの伸びが何よりも有難かったです。
吉井先生:いつも授業時間がおしているのにしつこく質問してばかりですみませんでした。TOEFLを独学で13回位受け続けて結果が出ない即ち英語力が十分ではない自分ですが、先生のやり方を100%信じたことが何よりも大きな強みだったと思います。
TOEFLで未だ結果の出ないレベルものでも、YESでSCを中心に勉強しGMATで750を取れるということは今後の参考にしてください。
お世話になりました。
 

(無題)

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 9月13日(水)22時54分2秒
  SCの授業で大切なのは、正解を正解と認識することより、何故、間違いが間違いであるかを
的確に理解することです。間違いが正確に見えて来るようになると、自然に正解が出てくるのです。それには、やはり、独学でやろうとしても無理があり、効率的な学習にはなりませんので、プロに教えてもらうのが一番です。私はこれからも間違いが何故間違いなのかを、できるだけ的確かつ丁寧に説明して行こうと思っています。Mさんは、間違いが何故、、、?の自重要性に気づいたので、これからはどんどん私の解説を吸収し、必ず高得点を出すでしょう。他の参考書は要りません。私の言うことだでいいから、覚えていってください。それにTOEFLですが、たかがTOEFLくらい、、、と思っている方も多いいようですが、やはりこれまたプロに基礎を叩き込まれたのとそうでないのでは完璧に差がでますよ。
その差にMさんが気づいてくれたので私は嬉しく思っています。Mさん、頑張ろう!そして、近い将来、良い報告を聞かせてください。
お忙しいのに投稿ありがとうございました。感謝します。
 

手ごたえアリ!!

 投稿者:現役受講生  投稿日:2006年 9月13日(水)00時52分36秒
  先月からGMATのSC授業を受け始めたので、まだ、勉強途中の段階ですが、他校で受けた大雑把なSC解説に比べ、一つ一つ、スピーディー且つ明快に解説していく授業
(特に、正解ではない箇所が、なぜダメなのか、その理由をあいまいにせず、きっちり納得いくように説明してくれるので、私はこのSC授業が気に入っています)
なので、この授業での内容をしっかり身につければ、絶対、点数につながるという自信が持て、大変満足しています。

それと、SCの基礎となるTOEFL文法も吉井先生から学びましたが、こちらも非常に良かったです。TOEFLぐらいは自分でやろうと思っていたので、ずっと独学でしたが、(点数が伸び悩んだため)客観的に人にみてもらったおかげで、自分の弱点にも気付き、且つ、論理的な解説を毎回受けることができたので、SCにつながる大きなステップとなりました。

本当に、吉井先生のクラスを取ることができ、ラッキーでした。今度は、最良の結果報告でもしようと思うので、引き続き宜しくお願いします。
 

私も嬉しいです。

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 8月17日(木)10時51分17秒
  ”短期間で結果を出す、または出せる”ということは、”先生が良い”というより、その生徒さんにそれだけの実力がある、もしくは、そのポテンシャルがあった ということでしょう。教える者として大切なのは、その受講生の実力や潜在能力を発揮できるよう手助けをして上げれるかどうか?だけなのです、特に、Nさんのように”できる生徒さん”には。今回も、こうして短期間で満足いく結果が出せたことに大して、少しでも私が貢献できたとしたら、嬉しい限りです。私のほうこそ、短期間で結果を出してくれてありがとう、、、という感謝の気持ちです。あまりにも短期間集中だったので、もう少し時間がかかっても良かったのでは、、、と言う嬉しい不満が少し残ってます。

それに、少しの間ではありましたが、私の授業を楽しんでやっていただいたと言うことを聞かせて頂くと、ほんとに嬉しく思います。

きっと最終報告では、さらに嬉しい結果を聞かせていただけること確信しています。
残りに集中して頑張って下さい。

コメントありがとうございました。
 

ありがとうございました!

 投稿者:受講生  投稿日:2006年 8月16日(水)23時12分15秒
  今月のGMATで目標点に到達しました。通い始めて3週間での結果に本当にびっくりしています。集中的にYESに通ったおかげで、SCにはある程度自信が持てるようになったおかげです。ありがとうございました!

吉井先生のSCの授業はとにかくわかりやすくて良い、という噂を聞き、YESには7月中旬から通い始めました。
他の予備校のSCの授業に出たことはあるものの、だらだらと問題文の日本語訳をやっているのを見てかなりイライラしていました。ところが、吉井先生の授業は、まさに「そこを説明してほしかった!」というところをズバリやってくれます。かゆい所に手が届くとはまさにこのことでしょう。
当たり前のように質問が飛び交う雰囲気にもはじめはびっくりしました。先生が話している最中でもなんでもおかまいなしです。おかげで僕も遠慮なく質問ができ、疑問点を残すことなく毎回の授業を終えられました。
あとは何よりも、授業が楽しいです。先生の独特の語り口調から出てくるいろんな「クイズ」をみんなで考える、という感じで、毎回の3時間弱の授業があっという間に過ぎていきました。

次は必ず、希望校の合格を勝ち取って先生のところに伺いたいと思います。本当にありがとうございました!!
 

(無題)

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 7月18日(火)23時14分46秒
  投稿者のMさんはよく知っています。Mさんはもともと実力はある方でしたが、TWEの具体例の書き方をまちがっているために、何度テストを受けても結果は同じであることに、1回目のTWEの授業と添削でわかりました。私にとってはボルトの緩みを少し直して上げるような感覚でした。そこさえ正確に指導すれば、満点(6)になるのは時間の問題だと思っていました。そのとうりの結果が出てよかったです。安心しました。はい、これからもGMATの方も私の言うことを信じて付いて来てください。必ず高得点が出ます。出させてみせますので。
書き込みありがとうございました。同じ悩みを持っている受講生のよい参考例になると思います。
 

独学の課題をYESで克服!

 投稿者:R.M  投稿日:2006年 7月18日(火)08時48分6秒
  私はTOEFLを30回以上受けつづけていました。270点を超えるためには何をしたらいいのか??あるときはリスニングで28点、あるときはリーディングで28点、そんなときに限って、ストラクチャーで22点や23点…。こんな毎月を繰り返していました。たまにストラクチャーで26点を取ったときに限って、リスニングがあぁ・・・だめだぁなんてことも。ここまで受けつづけたのだから独学で何とかしてやると焦りと意地があったのだと思います。特にTWEは4.5が受けた回数全体の8割、残りの1割ずつを4.0か5.0で分け合っている状況でした。

SCでお世話になったYESでTWEもお世話になろうと決めたのは昨年の12月。無理を言って週二日の合計8回お世話になりました。二つのテンプレートにどのように課題を当てはめ回答していくのかを明確に知ることが出来ました。特に具体例の出し方に問題のあった私にとっては、授業の中での先生の指導や添削は有効なものになりました。具体例だと思って今まで書いていた点は具体例ではないことも理解できました。

TWEの結果は以下の通り。

1月受験 5.0
2月受験 5.0(それでもストラクチャーセクションでは最高点からマイナス1点のみ!)
3月受験 6.0(初の満点!!)

TOEFLで270点以上を取得するなら、TWEで5.0以上は最低必要だということが再認識できました。

仕事が忙しくなりGMATはまだ卒業できていませんが、YESを信じてあと半年近くがんばっていこうと思います!ありがとうございました。
 

アメリカでも自信を持って!

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 7月 4日(火)16時46分23秒
  嬉しいです!お褒めに預かって。理工系のバックグラウンドで理詰めで考える方に、私の理詰めの講義が合ったのは嬉しいです。これを投稿していただいたMさんがおっしゃるとおり、
SCは、感覚ではなく、理論で、はっきりと、”~だから~だ”と理解することが大切です。中途半端な理解ではなく、はっきり理解をしていないと、変化球が来たら(来るのがテストだと考えておくことも大切)対応できません。直球だけに対応させることは、教える者として誰にでも出来ることだから、私は、なるべく多く多種多様な変化球に対応できるようにしてあげたい、、、してあげるのが私の仕事だ!、、、と考えておりますので、これからも授業中でのどんな質問も歓迎いたします。Mさんの会社の後輩の方々に来ていただいて、がっかりさせないよう頑張ります。
アメリカからも応援してください。私も、MBAだけではなく、ポストMBAでのMさんの活躍を
心から応援しています。アメリカでも自信を持って、エンジョイして来てください。
成功を祈ってます。お忙しいのにわざわざ時間を割いて投稿していただきまして、ありがとうございました。感謝します。
 

(無題)

 投稿者:2005年TOEFL・SCコース受講者  投稿日:2006年 7月 3日(月)10時21分5秒
  吉井先生:

TOEFL、そしてGMATでは本当にお世話になりました。
既にアメリカに来ており、何とか生活のセットアップも終了したところです。

会社のMBAホルダーの同僚(彼も昔、イフで吉井先生のGMAT講習を受けた者)から、「もし英文法が苦手なら、吉井先生が良いよ。」と言われたのが、YESの門を叩いたきっかけでした。
2005年の夏に社費派遣として選ばれたものの、英語力に乏しく、TOEFLのスコアメイクに苦労していた自分が、藁にもすがる思いでYESの連絡先を探した事がまるで昨日の事のように思い出されます。
夏からYESに通い、すぐにTOEFLの文法スコアが満点になって、いわゆるMBAに必要とされているTOEFLスコアを獲得できたのは本当に驚きの経験でした。
その後YESでGMAT/SCのトレーニングを開始し、とにかく「何でも疑問に思ったことは事業中に質問!そしてその場で解決!」ということが許されるスタイルに、本当にお世話になりました。
自分は理系で、「なぜこれが正解なの?どうして?」という部分に非常にこだわって居るところがあり、なかなか感覚的にGMAT/SCの英語をつかんで正解を選んでいくことが出来ませんでした。
そんな自分には、とにかくきちんとした理屈で「これがこういう理由で正解なんだよ。」と教えて貰えるYESは、本当に頼りになる素晴らしい予備校でした。
私はGMATの勉強開始が遅く当初は上位20%のスコアを目指して勉強していましたが、なんとか上位10%のスコアまで到達することが出来、当初ドリームだった第一志望に合格することが出来ました。
正直、受験前はTOP校に受かるなんて思っても見ませんでした。

吉井先生、本当にありがとう御座いました!



多分この掲示板をご覧になる方は、良い予備校を探していらっしゃる方が多いのではないかと思いますが、YESは本当にお勧めです。理詰めでバッチリ理解できます。
フィーリングでバシバシ解答出来ない英語が苦手な理系には特にオススメ。

なお、理詰めで理解したあとにやはり「熟成」が必要です。予習とYESの授業のみでは変化球的な問題が来ると対応できない自分が居ましたが、1ヶ月ほどYESで勉強したノートと問題を使って地道に復習を繰り返したところ、本番で問題が解けるようになりました。

YESは授業も楽しくて、通うことそれ自体が楽しかったのも良い思い出です。(自分はあまり英語が好きでは無かったのですが、YESの授業は楽しかったです。パズル(?)を解くような感じで、ワクワクしたもんです。)

ということで、予備校どこにしようかな~と迷っているあなたへ、自信を持ってYESをお勧めします。当社の後輩にも絶対に通うように勧める予定です。
 

楽しく学べれば、、、

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 6月23日(金)22時51分57秒
  メールありがとうございます。思い出していただいて光栄です。そうですね、文法がほんとに分かれば、TWEにもRにもよい影響を与えますね。それに、楽しく勉強していただけたとのこと。嬉しいです。勉強は時にはつらいものですが、それを”吉井に習って楽しくできた”とできるだけ多くの受講生に言っていただけるように、これからも日々教えることを高め、芸術の域に達するまで努力しつづけようと日々思っています(結構私はこの"努力"と言う言葉が好きなんです、、、これしか才能がないからですが、、、過去小学生から数えて40年間、週6回のペースで腹筋1日1,000回やっているのもその努力の1つですが、、、)ので、これからも叱咤激励を宜しくお願いします。  

昨年はお世話になりました!

 投稿者:2005年度TOEFL文法受講者  投稿日:2006年 6月22日(木)11時16分44秒
  吉井先生、昨年は本当にお世話になりました。
TOEFLの点数は悪くないものの、250の壁をなかなか越えられず、悩んでいましたが、先生のところに通ってから、Structureがコンスタントに伸びて安定したおかげで、ReadingとListeningにも力を入れることができ結局260を超えました。
それと、自分で一番びっくりしたのは、Writingです。先生のところで文法をしっかりやったおかげで、Writingでも、文法に迷うことなくすらすら書けるようになり、早くかけるので書く量も自然と増えて、YESに通い始めて3ヶ月目以降は、5.5を切らなくなりました。
Writingも5.5か6.0で安定したため、Structureの部分が本当に安定し、点数につながったと思います。
本当にありがとうございました!

先生のところで英語を学ぶと、英語の本質が見えて、学ぶことがとても楽しくなります。私がYESに通って一番良かったのは、この楽しさを学んだ事だと思います。
生徒も少人数で質問もたくさんできますし、今後も先生には是非たくさんの生徒さんを持って欲しいです。頑張ってくださいね!
 

TOP10合格おめでとうございます。

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 6月13日(火)18時58分34秒
  TOP10合格おめでとうございます。全世界のGMAT受講生みんなが入りたくても、そうそう入れる学校ではありませんのでTOP10合格はすごいことですね。そのすごい仕事に、私が少しでも助けになれたとしたら、教える立場の者として、非常に嬉しく、光栄に思います。また、私の授業の中で私のプロフェッショナリズムを感じ取っていただけたとしたら、それは取る側にも相当の技量があるからでしょう。私も、できるだけ多くの受講生にそう言って
励ましていただけるよう、これからも頑張りますので、MBA卒業してからも、いろいろアドバイス等をいただきたく存知ます。元気で頑張ってきてください。ますます明るい未来がまっていることとおもいます。コメント感謝いたします。ありがとうございました。
 

ご報告

 投稿者:ありがとうございます。  投稿日:2006年 6月12日(月)03時25分32秒
  吉井先生
3月からSCを20レッスン連続で受講させて頂いたXです。TOP10スクールに合格することが出来ました。心より御礼申し上げます。GMATでかなりへこんだところで何とか・・と思い、吉井先生にメールをさせて頂いたのですが、当日にお返事を頂き、翌日には田原町の教室におりました。体系だったSCのご説明に感激致しましたGMAT対策もさることながら、実は「英語とはこういうものだ」ということを吉井先生に教えて頂いたと思っております。3時間に及ぶ授業は非常に熱く、懇切丁寧で吉井先生にまさしくプロフェッショナリズムを強く感じました。職業人として、尊敬申し上げます。皆がどんどん集まってくる理由がよくわかりました。これからも、健康にお気をつけられて、留学を志す多くの受験生のためにも「カリスマ先生」でおられて下さい。ありがとうございました。
(追記)
田原町から御徒町での移転、おめでとうございます。実は、私は金曜の授業の帰りに(会社に戻る前に1時間ほど)焼鳥屋の「がってん」に時々立ち寄るのが楽しみでして・・。田原町もよかったのですが・・。やはり田原町ではキャパ的に需要過多でしたね・・。
 

(無題)

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 6月 9日(金)22時44分17秒
  Vで41とは驚きの数字です。これは凄いことですね!ほかの受講生の励みにもなります。
小手先だけのテクニックではなく、本物の理解力が付けば点は出せる、というよい見本、お手本です。次のテストも頑張って下さい。私もお手伝いさせていただきます。Mathにはこけないで、、、。
 

V41

 投稿者:受講生  投稿日:2006年 6月 9日(金)20時20分3秒
  吉井先生

SCのクラスを受講しているものです。

先日GMATを受けてきまして、Vでなんと41(93%)という凄い点数がでました。
今までSCを解くのに2,3分かかっていたのが、吉井先生のお陰で、選んではいけない選択肢を自信をもって選ぶことができるようになり、SCを短時間で解けるようになった事で、RC/CRもランダムクリックは一問もせず、全て解くことができました。

残念ながらMathで思わぬ悪い点数を取ってしまったので、再度受験しますが、次回も40前後の点数を取れるよう引き続き授業に出席しますので、宜しくお願いします。
 

ありがとうございます

 投稿者:吉井  投稿日:2006年 4月29日(土)09時42分16秒
  ありがとうございます。OBの方から、こうした励ましのメールを書き込んでいただけるのは
嬉しいです。MBAを取ってきた後の活躍を祈っています。頑張って、そして、健康にだけは気をつけて行って来て下さい。
 

レンタル掲示板
/13