teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


質問への回答2

 投稿者:たかひろ  投稿日:2008年 7月31日(木)05時04分24秒
返信・引用
  前回の質問に対しての補足から入ります。
今回ぎりぎりになってしまったのは、議論が長引いたのが一番の原因です。その部分に関しては、本当に申し訳ないです。
もう少し時間を意識しながら議論するべきでしたが、結果的にこのような形となってしまいました。
もちろん、33期が結論を出せないのではないかということも想定していました。それでも今回報告させていただいたのは、たとえ承認してもらえないとしても何もせずに卒公の可能性そのものを縮小してしまうのが嫌だったからです。前述のとおり承認を得られない場合はホール取りを見送ります。

区民ホールを取る理由について補足します。
まず最初に確認しておきますと、学館がダメというわけではありません。中には学館を希望する人もいました。
そもそも、僕たち32期も「とりあえずホールとってしまいました~」という例年の悪習を好んでいません。これを再来させないためい議論が始まり、ここまで長引いたのも確かです。
では、どこであろうとホールを取る上で何を配慮すべきか?それは「ホールを取った『のに』○○」という事態を引き起こさないことだと考えています。
そして区民ホールになった理由としては、前述のように、区民ホールにはデメリットもありますがメリットも多くあるからです。(何か事故が起きない限りキャンセルの可能性はゼロに等しいので、これはデメリットには含まないこととします。)
しかし、学館の方は様々なデメリットが生じます。以下はほんの一例です。

・人数制限がある。
・設備の問題→あらゆる予算が跳ね上がってしまう。
・小屋入り期間に1公と距離が近くなってしまい、迷惑がかかるのでは。

この3つを細かく分けると、各部に非常に多くの問題が生じます。ここでは割愛させていただきます。
これらをベースとするデメリットを考慮すると、今度は区民ホールを取るメリットが生まれます。

・人数制限がない。
・設備が整っており、やりなれているので作業における問題が発生しにくい。
・これらの問題を回避するためには、やはりホールを取ったほうが得策ではないだろうか。

そしてこれらとは無関係に、純粋な気持ちとして

・卒公の可能性をできるだけ広げたい。

というものがプラスされます。


このような意見に賛同した人数多かったため、結果的に第一希望は区民ホールとなりました。




次に、例年具体的にどのような問題があったのかをいくつか箇条書きします。

①本当に卒公をやるのか、年末まで確定されたものではなかった。
②無断でホールを取り、全体の了承も得ずにオムニ財産を使用した。
③1公や冬公への配慮を怠っていた。
④著作権に対しての認識が甘かった。
⑤そもそも、卒公に対する真剣さが見られなかった。

が主なものとなっています。
以下はそれぞれの解決策や現状です。

①・・・確定されたものとなっています。現状がどうであろうと、非常事態が発生しない限り卒公は打ちます。
②・・・今回の報告そのものが解決策であります。
③・・・外部施設を利用するなどして、練習期間中は1公や冬公を最大限配慮します。
④・・・32期は2年生の時点で合法的に公演を打つことを決定しています。
⑤・・・ここが一番のポイントとなると思います。この数日間の話し合いは常にこのことを意識して進められてきました。100%それを伝えられないのが、非常に残念です。今回は僕が代表者として書き込んでいます。もしかしたら、うまく伝わらない部分も多々あるかもしれません。表現力に絶対的な自信はないです。もしよければ、他の32期に直接聞いてみてください。

(③と⑤については、全てを書ききることができません。具体的に聞きたいことがあれば、その都度答えていきたいと思います。)

以上が議論の中で浮上してきたデメリットの一部となります。


そして最後は、卒公をやるメリットです。メリットと言うよりかは、やりたいと思う理由に近いです。
少し個人的な感情も入ってしまいますが、お許しください。

32期は、正直全員がミュージカルを好きなわけではありません。それは今回の話し合いで
改めて確認したことです。
ではなぜ卒公をやりたいか?歴代の先輩たちはなぜ途絶えることなく卒公というものをやってきたのか?
それをもちろん、4年間の集大成をミュージカルで締めくくりたいからです。これこそが卒公をやる最大の意義であります。それを膨らませていくと、できるだけ多くの後輩たちと一緒に、より可能性がある最高の舞台に立ちたいという想いに到達します。物理的な価値観(ホールについてなど)では個人個人の想いがあるものの、卒公というものを実施する意義については今回の話し合いで、32期全員が共通の考え方を持つことができました。
いっぱい苦しんでいっぱい楽しんで、最後に笑って泣いて卒業したい、そしてその中で後輩たちに何か熱い想いを伝えたい。これが達成できるということが卒公のメリットであり、やる意義だと思っています。


長くなりました。ここで今度は逆にこちらから質問をさせてください。
これは個人的に今思いついた質問であり、32期全体からの質問ではありません。しかし、反応次第ではぜひ32期の方に持ち帰りたいと考えています。

・現在の時点で、区民ホールを取ることの具体的なデメリットはなんですか?

現段階において32期ではこれに関しての話が出ていません。言ってしまえば、デメリットがあまり思い浮かばないという現状です。
デメリット云々ではなく時間が少なすぎることが問題であることは十分承知していますが、もしデメリットがあるのならば一刻も早く議論したい問題です。

もしよければ、どなたでもいいので回答いただけるとありがたいです。



追記、

最初の書き込みに不明瞭な点が多々あり、簡潔にしすぎました。混乱をさけるために行ったことでしたが、逆に混乱を引き起こしてしまったと思います。申し訳ありませんでした。

引き続き質問お待ちしています。
 
 

質問への回答2

 投稿者:たかひろ  投稿日:2008年 7月31日(木)05時01分12秒
返信・引用
  前回の質問に対しての補足から入ります。
今回ぎりぎりになってしまったのは、議論が長引いたのが一番の原因です。その部分に関しては、本当に申し訳ないです。
もう少し時間を意識しながら議論するべきでしたが、結果的にこのような形となってしまいました。
もちろん、33期が結論を出せないのではないかということも想定していました。それでも今回報告させていただいたのは、たとえ承認してもらえないとしても何もせずに卒公の可能性そのものを縮小してしまうのが嫌だったからです。前述のとおり承認を得られない場合はホール取りを見送ります。

区民ホールを取る理由について補足します。
まず最初に確認しておきますと、学館がダメというわけではありません。中には学館を希望する人もいました。
そもそも、僕たち32期も「とりあえずホールとってしまいました~」という例年の悪習を好んでいません。これを再来させないためい議論が始まり、ここまで長引いたのも確かです。
では、どこであろうとホールを取る上で何を配慮すべきか?それは「ホールを取った『のに』○○」という事態を引き起こさないことだと考えています。
そして区民ホールになった理由としては、前述のように、区民ホールにはデメリットもありますがメリットも多くあるからです。(何か事故が起きない限りキャンセルの可能性はゼロに等しいので、これはデメリットには含まないこととします。)
しかし、学館の方は様々なデメリットが生じます。以下はほんの一例です。

・人数制限がある。
・設備の問題→あらゆる予算が跳ね上がってしまう。
・小屋入り期間に1公と距離が近くなってしまい、迷惑がかかるのでは。

この3つを細かく分けると、各部に非常に多くの問題が生じます。ここでは割愛させていただきます。
これらをベースとするデメリットを考慮すると、今度は区民ホールを取るメリットが生まれます。

・人数制限がない。
・設備が整っており、やりなれているので作業における問題が発生しにくい。
・これらの問題を回避するためには、やはりホールを取ったほうが得策ではないだろうか。

そしてこれらとは無関係に、純粋な気持ちとして

・卒公の可能性をできるだけ広げたい。

というものがプラスされます。


このような意見に賛同した人数多かったため、結果的に第一希望は区民ホールとなりました。




次に、例年具体的にどのような問題があったのかをいくつか箇条書きします。

①本当に卒公をやるのか、年末まで確定されたものではなかった。
②無断でホールを取り、全体の了承も得ずにオムニ財産を使用した。
③1公や冬公への配慮を怠っていた。
④著作権に対しての認識が甘かった。
⑤そもそも、卒公に対する真剣さが見られなかった。

が主なものとなっています。
以下はそれぞれの解決策や現状です。

①・・・確定されたものとなっています。現状がどうであろうと、非常事態が発生しない限り卒公は打ちます。
②・・・今回の報告そのものが解決策であります。
③・・・外部施設を利用するなどして、練習期間中は1公や冬公を最大限配慮します。
④・・・32期は2年生の時点で合法的に公演を打つことを決定しています。
⑤・・・ここが一番のポイントとなると思います。この数日間の話し合いは常にこのことを意識して進められてきました。100%それを伝えられないのが、非常に残念です。今回は僕が代表者として書き込んでいます。もしかしたら、うまく伝わらない部分も多々あるかもしれません。表現力に絶対的な自信はないです。もしよければ、他の32期に直接聞いてみてください。

(③と⑤については、全てを書ききることができません。具体的に聞きたいことがあれば、その都度答えていきたいと思います。)

以上が議論の中で浮上してきたデメリットの一部となります。


そして最後は、卒公をやるメリットです。メリットと言うよりかは、やりたいと思う理由に近いです。
少し個人的な感情も入ってしまいますが、お許しください。

32期は、正直全員がミュージカルを好きなわけではありません。それは今回の話し合いで
改めて確認したことです。
ではなぜ卒公をやりたいか?歴代の先輩たちはなぜ途絶えることなく卒公というものをやってきたのか?
それをもちろん、4年間の集大成をミュージカルで締めくくりたいからです。これこそが卒公をやる最大の意義であります。それを膨らませていくと、できるだけ多くの後輩たちと一緒に、より可能性がある最高の舞台に立ちたいという想いに到達します。物理的な価値観(ホールについてなど)では個人個人の想いがあるものの、卒公というものを実施する意義については今回の話し合いで、32期全員が共通の考え方を持つことができました。
いっぱい苦しんでいっぱい楽しんで、最後に笑って泣いて卒業したい、そしてその中で後輩たちに何か熱い想いを伝えたい。これが達成できるということが卒公のメリットであり、やる意義だと思っています。


長くなりました。ここで今度は逆にこちらから質問をさせてください。
これは個人的に今思いついた質問であり、32期全体からの質問ではありません。しかし、反応次第ではぜひ32期の方に持ち帰りたいと考えています。

・現在の時点で、区民ホールを取ることの具体的なデメリットはなんですか?

現段階において32期ではこれに関しての話が出ていません。言ってしまえば、デメリットがあまり思い浮かばないという現状です。
デメリット云々ではなく時間が少なすぎることが問題であることは十分承知していますが、もしデメリットがあるのならば一刻も早く議論したい問題です。

もしよければ、どなたでもいいので回答いただけるとありがたいです。



追記、

最初の書き込みに不明瞭な点が多々あり、簡潔にしすぎました。混乱をさけるために行ったことでしたが、逆に混乱を引き起こしてしまったと思います。申し訳ありませんでした。

引き続き質問お待ちしています。
 

質問への回答1

 投稿者:たかひろ  投稿日:2008年 7月30日(水)18時09分42秒
返信・引用
  さっそく出ました。ありがとうございます。

・8月1日が期限というのは、時間が少なすぎるのではないのか?
確かにそのとおりです。
話し合いが本格的に始まったのは20日、まだ日数があまり経っていません。しかしその中での書き込みの数は数え切れません。携帯から掲示板が見れなくなるという事態を引き起こしたほど、書き込みが殺到しました。また、議論が24時間フル活動であったことも事実です。
そのような時間があってもこのようにギリギリになってしまったのは、率直に言って議論が長引いたからです。考える時間に明らかに差があるという点では、フェアじゃないということも最近の議論に出ていました。
今回の報告は、それも承知の上でのものです。

なので、

・結論が出せない場合はどうすればいいのか?
6日の時点で結論が出ていない場合は、区民ホールは見送ります。その後、別の小屋を探すなどします。

・なぜ区民ホールか?
これについても相当な議論が行われました。比較の対象となったのは、四谷、箪笥、学館の3つです。演出や設備、結果的にかかる費用、自由度、規模、そして1公との関係などあらゆるメリットデメリットを出し合って考慮し、投票した結果第一希望が四谷となりました。
学館に関しては、それこそペナルティなどの問題がはっきりしており、1公にも影響が出やすいという考えが多かったようです。

・企画者がいないのか?
ここもまた議論になりました。あまりこのような場で言いたくはないのですが、32期の演出は卒公の時期に大変忙しくなります。もちろん本人は卒公に演出として関わるつもりでいます。しかし、それが100%絶対とは言えない状況です。
そこで、企画者をたてる案が出ました。ただし、現在の時点でフライヤーなどに名を載せられるような企画者はいません。企画者になりたいという声はいくつか聞きますが。その企画者が決まるまで待つよりも、ホールを取るのであればできるだけ早く現状を報告したほうがいい、そう考えたためこのような順序となってしまいました。申し訳ありません。
現在も並行してこの話は進んでいます。とりあえずホールをとっておけばいい!という安直な気持ちで承認を得ようとしているのではないという部分を理解してもらいたいと思っています。

・ではなぜ卒公を打つ方向になったのか?
そもそもの議論の始まりは「32期は卒公をやるのか」というものでした。中途半端な気持ちでやりたいと言うなら、そもそもやるべきではない、そんな意見も出ました。
今回の議論で一番得られたもの、それは「本気で卒公をやりたい」という気持ちが全員に芽生えたことです。それぞれが覚悟を決めた上で、それでもやる価値があると判断した、それが今回の報告につながりました。
というわけで、現在僕は「臨時代表」としてみなさんに現状をお伝えしていることになります。


あとこれは追記としてですが、

前述のとおり、できるだけ現役に迷惑をかけないことを前提として話し合いを進めてきました。表現が悪くなりますが、議論を展開する上で歴代の卒公で起こった問題はとても参考になりました。例年起こってきた問題についてはほとんど解決できるはずです。
とは言っても32期が考え付かない様々な問題も多々残っていると思います。その部分も指摘していただけるとありがたいです。
 

重要なお知らせ

 投稿者:たかひろ  投稿日:2008年 7月30日(水)16時02分26秒
返信・引用
  こんにちは。32期のたかひろです。
今回は、現役のみなさまに重要なお知らせがあり、一時的にこの掲示板を利用することとなりました。
現在、32期の卒業公演についての話し合いが進んでいます。現段階での報告、そして今後の予定を踏まえ、現役のみなさまに承認していただきたいことがあり、今回の機会を設けさせていただきました。夏合宿や企画その他で大変忙しい時期だとは思いますが、確認の方をよろしくお願いします。



我々32期は、「32期掲示板」において真剣に話し合いをした結果、卒業公演を打ちたいという意向が過半数を超えたため、本格的に動き出すこととなりました。
しかし、現時点で確定している要素はまだ少ないです。各部長に関しては半分以上が引き続け担当する予定ですが、未定の部もまだあります。
そして演目もまだ決まっていません。
例年のペースで考えると早く動き出しているほうではあると思いますが、それでもまだ不確定要素が多いのは事実であります。


それでも動き出したい!そう考えたため卒公をやる上でのメリットデメリットを、大急ぎではありましたが真剣に話し合ってきました。話し合う上で常に、現役に迷惑をかけないようにする前提でもって議論が進んでいき、もちろん卒公が動き始めてからも例外なく、冬公、一公には極力迷惑をかけないスタンスで動いていくつもりです。


ここでもう一つ重要なことがあります。なぜわざわざこの忙しい時期にお伝えしたかと言いますと、実は区民ホールの予約が【8月6日】と迫っているためです。

話し合いの結果、ホール取りの資金は32期全体から徴収することになりました。現在、大急ぎで資金調達をしております。しかし、各々事情があるため必要な金額まで集めることができないかもしれません。
そこで、もしどうしても達しない場合には「オムニ財産」を貸していただけないでしょうか?もちろん、現役に迷惑をかけないというスタンスは崩さないつもりなので、活動に支障が出ない程度に返金の期限はみなさんで設けていただいて結構です。8月6日から1週間以内と言われれば、それは必ず守ります。


みなさんが全体で集まる機会がないのに申し訳ないのですが、もし承認していただけるならば【8月1日】までにはお答えをいただきたいです。本当に急になってしまい、申し訳ありません。

まとめます。
今回の件では、
①卒公そのものを承認していただけるか
②区民ホール取りを承認していただけるか
③もし資金調達が間に合わなかった場合、条件付でオムニ財産を貸していただけるか

を確認させてください。また、全体の意見として回答をいただきたいので、個人的に賛成か反対かは聞きません。たかゆきを通して最終的に8月1日までに回答をいただければ結構です。

以上、大変長くなってしまいました。もし質問や具体的に確認したい決定事項がありましたら、この掲示板にではなく直接メールにてお願いします。質問に対する回答は逆に掲示板に書き込んでいきたいと思います。匿名性は守るので、ご安心ください。

何卒、よろしくお願いいたします。
 

teacup.掲示板 START!

 投稿者:teacup.運営  投稿日:2008年 7月30日(水)15時12分3秒
返信・引用
  掲示板が完成しました!
掲示板のデザイン変更や記事の削除などは管理者メニュー(管理画面)から行えます。
また、ケータイでは50種類以上のデザインテンプレートが選べますので、ぜひケータイからのご利用もお試しください。(※ケータイ版も同じURLでご利用になれます!)

teacup.の掲示板はお一人様いくつでもご利用になれますので、用途に合わせて掲示板を作成して下さい。※この記事を削除してご利用下さい。
【記事の削除方法】
・掲示板下部の管理者メニュー(管理画面)からログイン
・左メニューより「投稿の管理」をクリック
・削除したい記事にチェックを入れ「削除」をクリック

http://www.teacup.com/

 

レンタル掲示板
/1