teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 亡き伴侶への手紙(106)(管理者)
  2. 会いたいです(0)(管理人)
  3. 作為のない?映像集(5)(管理者)
  4. 2010年夢中の足袋の入口(36)(管理者)
  5. 「あなたも、GGNオリジナルソングを創ってみない?(9)(管理者)
  6. もうすぐ春なのに秋日和(6)(管理者)
  7. 勇気を与えてくれた言葉 (6)(管理者)
  8. 謹賀新年2010(1)(管理者)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:9/458 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

sa2924さん

 投稿者:ライム  投稿日:2014年 1月10日(金)21時26分44秒
  通報
  寂しくてしかたないとのこと。
私も死別後2年ぐらい経過した頃は、特にそういう気持ちになったように思います。
必死で生きて来た2年間から、少し冷静になるのかもしれませんね。

どうしらいいのか。誰も答えはないのでしょう。

ひとつひとつを整理しつつゆっくりと行くしかないのかもしれませんね。
友達には、今の我々の気持ちを理解することは不可能でしょう。
これだけの想いは、おそらく誰も受け止められないのかもしれませんね。
友達は、変な言い方ですが、使い方なのかもしれません。理解を求めると、
理解してもらえないから辛くなるだけかもしれませんしね。
食事の相手とか、気晴らしとか、子育ての愚痴相手とか、そういう
レベルでしか接する事はできないかもしれませんね。
必死に心が生きているあなたとは、今は、真に理解はしあえないのでしょう。

同じ経験をした人達と交流するのもいいかもしれません。それこそ、死別に
関しては理解してもらえるでしょう。理解しあえる友人と出会えるかもしれないし。

今、しばらくは、ゆっくりと心を休めて、子育て以外は何もしたくなければ、
寝てていいじゃないですか。
薬の力を借りて、今は寝ててもいいかもしれませんよ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:9/458 《前のページ | 次のページ》
/458