• [0]
  • 「あなたも、GGNオリジナルソングを創ってみない?

  • 投稿者:管理者
  • 投稿日:2010年 1月27日(水)17時15分0秒
 
こんなスレッドも立ててみた。
名付けて、「あなたも、GGNオリジナルソングを創ってみない?」長いか?ま~とにかくやってみよう。
なんで、そんなもん?
と、思うだろうが、数年前の「千の風」や今、巷で密かな噂の樋口了一の「手紙」(直接、GGNとは、関係ないが実は、関係がある)とにかく、詞や歌は、目や耳を通して、くたびれたココロに元気をくれる。ただのカラ元気でなく。じんわりとココロに染み入る元気だ。
僕は、こう思う。「経験者ならでは」の気持ちのわかる、落込んだ他者や自分に、元気をあげられる、元気をもらえる、そんな歌を創ってみたいと。でも、曲作りは出来ないし、歌詞だって書いた事なんかない。あるのは、目の前のキーボードと最近やたらと嵌まってる物好きので始めた「クサイ詞」を創るぐらいだ。しかし、僕の好きな言葉がある。<プロデューサー 残間里江子さんの「駄目で元々雨、アラレ」というブログに書いていた言葉>

「やらないで『やれば良かった』と後悔するよりは、やって『やらなきゃ良かった』と後悔するほうがいい」
と考える私なので、「1ミリでも1グラムでも『やりたい』と思ったら、やったほうがいいですよ」というのが基本スタンスだ。

と、言うわけでスタートしてみようと思う。「我こそは」という奇特な人、誰か居ないかな~?
こんな事書いても、だ~れも読んでなかったりして?
まっいいか。はじまり。はじまり。

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

投稿者
題名
*内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
URL
sage

  • [9]
  • なにもかにも飛んでゆけ

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 4月20日(火)21時36分10秒
 
やるせない気持ち

どうでもよくなる気持ち

ちっともわかってくれないあなた

死んだあの人ならこんなとき

もっとわかってくれたのに

やるせない気持ち

どうでもよくなる気持ち

悪いのはだれ

なんで

どうして

どうどうめぐりの風車

風に吹かれた風車

チョウチョになって飛んでゆけ

飛んで飛ばされ綿毛になって

なんにもかにも飛んでゆけ

  • [8]
  • 突然切れた赤い糸

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 3月24日(水)13時18分4秒
 
突然切れてしまった赤い糸

結び直す手段持たない切れ端を

眺めて触って涙ぐむ

切れた原因アレコレと

考えあぐねて誰かのセイにしてみても

結び直す事は叶わない

時は残った切れ端強くして

自ら一人っきりにも耐えられる

丈夫な切れ端創ってくれる

それでも一人じゃ持てない荷物がある時

だれかと繋がりたい糸の先

堅く結べば大丈夫

だれかと結べば大丈夫

ココロの中では葛藤している

今も天国のあなたと繋がっている糸の先

地上のだれかと結びたい

新たな赤い糸の伝説

一人っきりでは寂しすぎる

誰かと何処かで繋がっていたい糸の先

一人っきりでは寂しすぎる

そんなに強くは生きられぬ

切れてしまった赤い糸

今も繋がる赤い糸

昔にあなたと結んだ赤い糸

地上のだれかと結びたい

切れてしまった赤い糸

何処かの誰かに繋げておくれ

地上のだれかと結びたい

切れてしまった赤い糸

  • [7]
  • 道のうた

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 2月15日(月)16時07分45秒
 
皆が社会の為に働いている時間に、ひとり散歩にいって、別次元を彷徨って今PCの前で気がついた事を書きます。(散歩中に内省した事でしょう)近くの畦道を歩いていて思いついたことです。

道は繋がる 道は広がる 道はときに行き止まる 行き止まったら還ればいいし、変えればいい この道はどこまで続いているのだろう 真っすぐな道 曲がった道 上り道に下り道 人生の分かれ道 どこまでもどこまでも 河があれば橋を架け 山があればトンネルを掘り どこまでもどこまでも 道は誰かが先に通った証拠 道なき道を作る偉大な人が作った道 道は教えてくれる ここに道があると示してくれる ここにもこんな道があると教えてくれる 当然悪い道だってある 最初はヨチヨチ 次にてくてく そして颯爽と ハツラツとして 最後にボチボチやトボトボと 道 道は偉い 道は凄い どんな道も極めれば凄い 極道 なんだか凄い 趣旨がズレてきたような 本来はそうでないような とにかくそこに道がある 道があるから歩くんだ 少し休んで元気になって歩くんだ 道はいつまでも待ってくれる 道は偉い 道は凄い 道は自慢しない 道は文句を言わない 道は静かに待ってくれる 自ら歩けるようになるまで きっと道は待っていてくれる 元気になれるその日まで

  • [6]
  • コントラストのうた

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 2月14日(日)14時33分32秒
 
さっきまた思いついたので書いてみます。食傷気味でしょうが、吐き出させてください。


真っ白な光と漆黒の闇
光と陰のコントラスト
反比例する二つの存在

光が弱ければ弱いほど増すグレイゾーン
光が強ければ強いほど浮き出す深くて黒い影
光の裏に影がある

陰と陽
二つの光があれば二つの陰がある
光の数の分だけ陰の数がある

白と黒
交わればグレイになる
白でも黒でもない灰色になる

明け方の蒼い空にある薄い月
夜明けとともに現れる雪景色
日の出に飲込まれる海に浮かぶ小舟

雲間から差す光の帯
トンネルを出たとたんの眩惑
山に写る雲の影

薄暮のキャッチボール
沈む日に照らされる銀波
黄昏時の夕焼け

星影のワルツ
月夜の陰踏み
漆黒の夜空に光る星の瞬き

どれも美しい
あるがままに美しい
輝いた分だけ残した像は美しい

  • [5]
  • 覚えているかい

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 2月14日(日)11時27分36秒
 
暇なもんで、いろいろ考え事をしていたら、思い出したことがあるので書いておこう。
(思い立ったが吉日)

仕事帰りの寒い夜
冷えた我が家まで
二人並んで歩く
駅から遠い道のり
擦り合わせた手に息を吹きかけ
それでも足りず
僕のコートのポケットに
君は冷たくなった手をそっと入れ
寒い日の布団に入ってアンカをかき抱く様に
先住の温々の僕の手の甲を握る
その冷たさが染み渡る
その幸せを今憶い出す

  • [4]
  • 薄茶の小瓶

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 2月13日(土)18時29分53秒
 
詩人気取りのおバカなオヤジが、思いついた出来立てホヤホヤの恥ずかしい詞を書く(恥もカク)
イメージが映像となって舞い降りました。(大丈夫か、オイ)

静かな森の奥ふかく
青く澄んだ泉の底に
今も横たわる薄茶の小瓶

どうしてここにあるのだろうか
誰がいつからここに沈めたのか
理由は誰にもわからない

なぜだか気になる
薄茶の小瓶
何かが詰まったままのよう

風の仕業かさざ波に
小さく揺れる
謎の小瓶

だれかがわざと捨てたのか
涙が入っているように
悲しい色に沈んでる

固く閉まったガラスの栓が
訳を聞いても教えてくれぬ
辛さを黙って伝えてる

青く澄んだ泉の水面に
枯れ葉が一葉
風に舞い落ちる

深くて悲しい色もよう
景色を映した水鏡
見果てぬ夢に波紋が広がる

どんな物語があったのか
今は静かに横たわる
涙の詰まった薄茶の小瓶

  • [3]
  • 縦糸と横糸

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 2月13日(土)15時35分46秒
 
縦糸と横糸
どんな柄を織り上げるのか
どんな布ができ上がるのか
寒い時でも包めば暖かく
重い荷物も包んで運べる
醜い物でも包んで隠せる
綺麗で便利で素敵な織布

縦糸と横糸
どちらが欠けても布は織れない
途中でしなくなった機織りの音
未完成のタペストリー
壁に掛けたかったタペストリー

縦糸と横糸
綺麗に染められた糸
でき上がった織布を想像してみる
赤い糸の伝説
絆という字は糸偏の半分
染色体の連なりは二重螺旋の糸の様

縦糸と横糸なのか
夢をつかまえるのか 蜘蛛の糸
宝石のような水滴をつかまえた 蜘蛛の糸
陽の光を受けて綺麗な虹色 蜘蛛の糸

縦糸と横糸がなくても
どっこい、糸一本さえあれば不織布だって出来上がる
多少の寒さは包めば暖かい
多少の重い荷物なら包んで運べる
どんな醜い物でも包んで隠せる
綺麗じゃないかもしれないけれど便利な不織布

そう言えば結も縁も糸偏なんだな

縦糸と横糸
やっぱり糸は織った方がいい
思い描いた柄は難しい
見た目は醜い織布だけど
少々の見た目は気にしない
包めばこの上なく暖かい
重い荷物もなんのその
そんな布を織ってみたい
もう一度

  • [2]
  • 幸せは、いつかまたくる。

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 2月12日(金)14時28分55秒
 
待てど暮せどだれも参加してくれない寂しさの中、暇なおバカな人は、僕だけと知りつつ、性懲りもなく、クサイ詞第二段を発表しょう。(恥)(キッパリ)

あの丘の向こうを目指していた二人、共に泣いて、共に笑っていた、幸せだったあの日
あの日を境に、怒りも、感謝も、届かぬ彼方へ、いってしまったあなた
私を残して旅立った 重い荷物を置いて旅立った
先にいってしまったあなた

なんでこんなことになってしまったの
なんで私だけこんなめに遭うの
恨んで、憎んで、哀れんで

ああしておけば良かった
こうしておけば良かった
悔やんで、嘆いて、悲しんで

これから、幸せってやってくるんでしょうか
いってしまったものは、もう帰らないんでしょ
なくしてしまったものは、もう戻らないんでしょ

たったひとつの私だけのもの、世界のどこを探しても、見つけることの叶わない

別々にこの世に生まれ落ちた大地
大河を求め、流れる水のように二人は、出会った
嵐に合っても、凍てつく氷さえも、抱き合う事で、耐え忍ぶことができた
愛を育み、時に諍い、また互いを思いやる、幸せな繰り返し
だけど運命は、二人を理不尽に仕分けた
自分ひとりをおいてけぼりにして

立ち止まっていられない現実に、日々をやり過ごすことを覚え、想い出を心の抽斗にしまって

もう一度、幸せを探しにいこう

想い出の中のあなた
怒りも、拗ねも、傷つけもせず
ただ優しく微笑み、見守ってくれる
時には励まし、時には褒めてくれ、時には叱ってくれさえもする
私の中のあなた

もう大丈夫、その先へいこう

あなたは、花になり、鳥になり、風になり、月になる
そして幸せは、そこにあるんだと教えてくれる
幸せは、いつかくるんだと教えてくれる

  • [1]
  • 空よ。雲よ。

  • 投稿者:masaメール
  • 投稿日:2010年 1月27日(水)17時52分44秒
 
去年末、創った「クサイ詞」をまず最初に記してみます。
こっちの方がいいよ。って、誰か載せてくれないでしょうか。

南の窓から晴れた空
羊雲のパレードが見えるよ
西から東へ
一筋の飛行機雲も見えるよ
東から西へ
どちらものんびりと急がずゆっくりと
どこへ行くのか

行く先がしっかりと決まっているように
慌てず心静かにゆっくりと
自分のペースでゆっくりと

なんと平和な一日の始まりか
風の強さに身の縮まるような
昨日の暗くて寒い一日は過ぎ
なんて素敵な一日の始まりか

晴れた空よ 流れる雲よ ありがとう
こんな素敵な朝のはじまり
忘れかけてた朝のはじまり
ありがとう

もう一度
もう一度
もう一度

やってみよう

今度は 自分のペースでゆっくりと
今度は 慌てず心静かにゆっくりと
今度は 行く先をしっかり決めて

やり直そう 何度でも

晴れた空よ 流れる雲よ ありがとう


レンタル掲示板

スレッド一覧

  1. 亡き伴侶への手紙(106)(管理者)
  2. 会いたいです(0)(管理人)
  3. 作為のない?映像集(5)(管理者)
  4. 2010年夢中の足袋の入口(36)(管理者)
  5. 「あなたも、GGNオリジナルソングを創ってみない?(9)(管理者)
  6. もうすぐ春なのに秋日和(6)(管理者)
  7. 勇気を与えてくれた言葉 (6)(管理者)
  8. 謹賀新年2010(1)(管理者)
スレッド一覧(全8)  他のスレッドを探す  スレッド作成 掲示板に戻る

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成