スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:17/1045 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

>ちゅんきちさん 追伸

 投稿者:相談員メール  投稿日:2016年11月10日(木)22時53分30秒
  通報 編集済
  題名が「いきなり」となり「突然」訴状と言うことですが、平成16年支払って以内という時点で「いきなり」ではなく、もちろん今後請求されることが予想できたと思います。
何度かは請求書や催告はされていたと思いますから、「いきなり」はないと思います。
よくある話で「いきなり」来た訴状に対して、これまで何も言ってこなかったのに、いきなり訴状とは・・・・といわれるのですが、そのほとんどは引越をされていて、新居の住所は伝えていないのがほとんどなのですが、住所を教えなければ、請求書は来ません。
何らかの事情で住所が判明して裁判になることもあります。
そのような事はありませんでしたか?

また、訴状は「突然」くるものです。
そして、気をつけなければならないのは、今後の差押えです。
判決が出た以上、支払わなければいつでも差押えが出来るので、覚悟は必要です。
もちろん、差押えも「いきなり」「突然」来るので、放置はダメです。

また、「過払い」との記載もありましたが、過払い状態になっていれば支払う義務はないでしょうし、なんらか過払い分を不正に操作されているような記載もあったのですが、10月に訴状が来たときに、何らかの抗弁もせず、また、時効の援用などをせず、なぜ、放置することになったのか不思議です。
弁護士と相談されてのことですから、それなりに理由があったのでしょうが・・・・このように判決がでることは、放置した時点で確定しているわけですから、もちろん支払うことも覚悟されていてのことだと思いまし、遅延損害金等も請求に入っていたと思うのですが?
相談された弁護士から判決後の対応はアドバイス等はなかったのですか?

 
》記事一覧表示

新着順:17/1045 《前のページ | 次のページ》
/1045